April
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > カーンvsアレキサンダー内定、興行対決も注目

カーンvsアレキサンダー内定、興行対決も注目

2014年10月21日 18時46分

カーンvsアレキサンダー内定(ボクシングニュース)
カーン
 元王者同士が仕切り直しをへて対決する運びとなった。元世界S・ライト級&ウェルター級王者デボン・アレキサンダー(27=米、26勝14KO2敗)と元S・ライト級王者でウェルター級でキャリアを進めるアミール・カーン(27=英、29勝19KO3敗)が12月13日ラスベガスのマンダレイベイ・ホテルかMGMグランドで顔を合わせる。まだ正式にサインを交わしていないが、プロモーターのGBP、オスカー・デラホーヤ氏は20日「2人は確実に対戦する」と米国メディアに語っている。

アレキサンダー
 アレキサンダーとカーンは1年前、試合が締結していたが、メイウェザー戦がクローズアップされたカーンがリスクを避けるために降りた経緯がある。その背景から内定の報にヤル気満々なのはアレキサンダー。「カーンはグッドでソリッドなボクサーだけど、何も特筆すべきものがない。彼はパンチを食らうと一気に逃げてしまう。それが今までの敗戦の理由。私はスピードあるグッドなカウンターパンチャーで通っている。私は彼を捕まえて自分のペースに引き込んでみせる」と意気込みを明かしている。試合はショータイムが全米に放映。

 同日はGBPのライバル、トップランクが同じラスベガスでティモシー・ブラッドリー(米)vsディエゴ・チャベス(アルゼンチン)をメインにする興行を開催する。会場はコスモポリタン・ホテル。こちらはHBOが放送。12年9月のカネロ戦(MGM)、セルヒオ・マルティネスvsフリオ・セサール・チャベスJr(トーマス&マック・センター)に続き、両プロモーションとテレビががっぷり四つで対決する。

Related article
関連記事