日本語

Home > ニュース > アグベゴ-マレス仕切り直し 8.13ラスベガス決戦
ニュース

2011年7月15日 金曜日

アグベゴ-マレス仕切り直し 8.13ラスベガス決戦


 IBF世界バンタム級タイトルマッチ兼ショータイム主催のバンタム級トーナメント決勝が8月13日ラスベガスのハードロック・ホテル&カジノで挙行される。試合に先立って14日同ホテルで行われたプレゼンテーションで、王者ジョセフ“キングコング”アグベゴ(ガーナ)と挑戦者アブネル・マレス(メキシコ)が抱負を語った。
 両者は4月23日ロサンゼルスで対戦するはずだったが、空港に到着したアグベゴが坐骨神経を痛めてリングに上がることが出来なかった。今回はガーナ人はヘルシーな状態で登場できそうだ。「マレスのチームが辛抱強く待ってくれたことに感謝している。でも“スティル・チャンピオン!”とコールされるのは私だ」。対するマレスも「試合が中止されてから3週間休んだだけで練習を開始した。メキシコ人として20人目のバンタム級チャンピオンに就いて見せる」と話している。
 興行はアグベゴを擁するドン・キング・プロモーションとマレスのゴールデンボーイの協同プロモーションで開催される。※写真はキング・プロモーターをはさんで対峙するアグベコ(左)とマレス=PHOTO/GBP=

Related

関連記事