April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 川内、林田が順当勝ち 全日本選手権2日目準々決勝

川内、林田が順当勝ち 全日本選手権2日目準々決勝

2014年11月21日 22時40分

 和歌山県田辺市の田辺スポーツパーク体育館で開催中の第84回全日本選手権大会は、競技2日目(準々決勝)を迎えた21日、シードされていた強豪も続々とリングに上がり、トップ選手たちが順当に勝ち進んでいる。

全日本選手権準々決勝(ボクシングニュース)
バンタム級新鋭対決は中野幹士(右)が勝利

 先のアジア大会で銅メダルを獲得したフライ級林田翔太(駒大)、L・ウェルター級川内将嗣(自衛隊体育学校)も出場し、危なげなく判定勝ちした。フライ、バンタム、ライトは特に激戦区。ウェルター級の鈴木康弘(自衛隊体育学校)ら5人のディフェンディング・チャンピオンも勝ち残っている。明日22日準決勝、23日決勝とも午前11時に第1試合が開始される。

Related article
関連記事