2014年12月27日土曜日

井岡一翔の相手、ペレスが公開練習

 大みそかのボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)でWBA世界フライ級3位の井岡一翔(井岡)とのノンタイトル10回戦に臨む元WBAフライ級暫定王者ジャン・ピエロ・ペレス(ベネズエラ)が26日、大阪市浪速区の井岡ジムで練習を公開した。3階級王者を目指す井岡に対し、ペレスも再び世界へ向かう戦いとなるため、2ラウンドのスパーリングを行うなど意欲的に動いた。

 スパーリングは前々日に井岡のパートナーを務めた日本S・フライ級王者、石田匠(井岡)が相手。石田も大みそかに防衛戦が控えており、両者は激しくは打ち合わなかったが、ペレスは上体が柔軟で、石田のパンチを余裕をもってかわし、すきを見ては右クロスを放った。カウンターを狙うタイプと言えそうで、見守った井岡ジムの井岡一法会長は「打ち終わった後にパンチを出してくるので、そこを注意して試合を進めたい」と語った。

 ペレスは1年2ヶ月ぶりの試合となるが、「52キロを切っているし、体重は問題ない。いつもビデオで対戦相手を研究しないので、井岡選手はいいボクサーと聞いているとしか言えない。現在活動しているパナマで十分練習を積んで準備してきているので、KOでなくてもどんな状況でも勝つ自信がある」と語った。