June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウォード王座防衛 スーパー6ファイナルへ

ウォード王座防衛 スーパー6ファイナルへ

2011年5月17日 15時08分


 先週土曜日14日、米ロサンゼルス近郊カーソンで行われたWBA世界S・ミドル級“スーパー王座”戦は、王者アンドレ・ウォード(米)が挑戦者で元IBF世界ミドル級王者アルツール・アブラハム(アルメニア=ドイツ)を3-0判定で下し、ベルトを守るととに、同級トーナメント「スーパー・シックス」決勝進出を果たした。
 序盤3ラウンドまでは、スラッガースタイルを封印し、ジャブを突いて右を決めるアブラハムがやや優勢。しかし4回以降、ウォードがジャブからボディー打ちで活路を開き、ビッグショットも要所でヒット。コンビネーションの回転力でポイントにつなげ、とくに10ラウンドは超ワンサイドの攻防となった。終盤2ラウンズも押さえたウォードが120-108,118-110,118-111の大差の勝利を飾った。
 ウォードは6月4日アトランティックシティで挙行されるカール・フロッチ(英)-グレン・ジョンソン(米)の勝者とスーパー・シックス決勝で顔を合わせる。
 セミのヘビー級10回戦ではWBC3位クリス・アレオーラ(米)がナギー・アギレラ(ドミニカ共和国=米)に3回、レフェリーストップによるKO勝ちを収めている。
=PHOTO/SUMIO YAMADA=

Related article
関連記事