2015年1月17日土曜日

角海老宝石ジム日本王者が集結

 チャンピオンベルトがずらり――写真は角海老宝石ジムの抱える日本チャンピオン陣。左から順に岡田博喜(S・ライト級)、小國以載(S・バンタム級)、加藤善孝(ライト級)、高山樹延(ウェルター級)、藤本京太郎(ヘビー級)の面々。このうち加藤はすでにタイトルを返上しているが、1ジムに5人も現役王者がそろうことも珍しいというわけで記念の撮影会が行われた。

 角海老ジムで5人のチャンピオンが同時に在籍したのはこれまで2度ある。日本チャンピオンだけでは初めてのことだ。現在は加藤をのぞき4人王者だが、後継王座の決定戦(4月30日・後楽園ホール)に杉崎由夜の出場が決まっており、再び5人となる可能性もある。

 角海老陣のチャンピオン・カーニバル初戦は3月7日の後楽園ホール。岡田vs外園隼人(帝拳)のS・ライト級戦と高山vs新藤寛之(宮田)のウェルター級戦がダブルで開催される。