May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ゴロフキンvsマーレイ審判団発表、来週21日ゴング

ゴロフキンvsマーレイ審判団発表、来週21日ゴング

2015年2月11日 15時58分

 今月21日、モナコで挙行されるWBA世界ミドル級“スーパー”王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)vs挑戦者マーティン・マーレイ(英)のレフェリー、ジャッジが10日発表された。ゴロフキンが同時に保持するWBCミドル級暫定王座も争われるため、審判団も両団体から任命された。

ゴロフキンvsマーレイ審判団発表(ボクシングニュース)
ロンドンで開かれた記者会見での2ショット

 レフェリーはWBAよりルイス・パボン(プエルトリコ)。3ジャッジのうちスタンレー・クリストドーロー(南ア)はWBAより指名。他の2氏フェルナンド・バルボサ(米)、ジャック・ウッドバーン(カナダ)はWBCが指名した。

 同じリングで予定されるWBA世界ミニマム級タイトルマッチ、王者エッキー・バドラー(南ア)vs挑戦者ヘスス・シルベストレ(メキシコ)はすべてWBAからの任命。レフェリーはスタンレー・クリストドーロー。ジャッジはルイス・パボン、フェリッペ・ヴェーベケ(ベルギー)、パヴェル・カルディニ(ポーランド)。2試合ともヒルベルト・メンドサJrがスーパーバイザーを務める。Photo/BoxingScene.com

Related article
関連記事