July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > “カネロ”初の世界獲得 ハットン弟に圧勝

“カネロ”初の世界獲得 ハットン弟に圧勝

2011年3月7日 13時23分

 米カリフォルニア州アナハイムのホンダ・センターで5日(現地時間)挙行されたWBC世界S・ウェルター級王座決定戦に出場したサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)が12回3-0判定勝利で緑のベルトを手にした。

 前半は20歳のアルバレスが左右フック、右アッパーなどで圧倒し、リッキー・ハットンの弟マシュー・ハットン(英国)は鼻血と左目のカットに見舞われる。リードを許したハットンは反撃するのだが、パワーレスでカネロを脅かすことができない。中盤、反則打で減点を喫したアルバレスだが、終盤もストップをねらって猛攻を仕掛ける。しかしタフなハットンは、しこたま被弾しても最後まで耐え抜き、終了ゴングにこぎ着けた。

 公式スコアは119-108が3者でアルバレスの勝ち。

Related article
関連記事