May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 李が公開スパー「アウトボクシングだけでなく、打ち合う」

李が公開スパー「アウトボクシングだけでなく、打ち合う」

2011年1月23日 16時48分

1月31日の本番を前にWBA世界ダブルタイトルマッチ(S・フェザー級/内山高志-三浦隆司&S・バンタム級/李冽理-下田昭文)の公式行事がスタート。23日は今回が初防衛戦となるS・バンタム級王者・李冽理が横浜光ジムでスパーリングを公開した。 健太郎マイモンコンプロモーションと2ラウンドのスパーを行なった王者の動きは軽快で減量の影響は感じられず。「辛い練習で身体も大きくなるが長い期間をかけ本番に影響が出ないように体重調整した。万全に仕上げている」と李。試合延期にも「トレーニングできたのでプラスに考えていいんじゃないですか」と言い、消化したスパーは250ラウンドだという。「辛い練習もやっていくうちに慣れる。そしてもっとハードな練習を求める。体力、技術とも発展しているんじゃないかと思います」。前戦は強豪プーンサワットをアウトボクシングで封じたが、今回は打ち合いも準備し「最後は技術の差を見せつけたい」と語った。

Related article
関連記事