May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ダブルタイトル戦計量

ダブルタイトル戦計量

2010年12月25日 19時10分


 明日さいたまスーパーアリーナで開催されるダブル世界戦の調印式、計量が25日行われた。
 今回バンタム級に上げて戦う亀田興毅(亀田)は「前よりもパワーとスピード、パンチ力もあると思う。いいパンチを打ち込みたい」とコメント。亀田興と対戦するアレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)も「体調は最高。必ずKOで勝つ」と元KOキングらしい自信をのぞかせた。
 同じリングでWBAフライ級王座の防衛戦に臨む亀田大毅(亀田)は「これが最後のフライ級になると思う。一度くらいフライ級でKOを見せたい」と素直に語り、挑戦者シルビオ・オルティアーヌ(ルーマニア)は「17年間夢見てきたリング。素晴らしい」と話した。
 会見後に行われた計量は4選手が一発合格。亀田興とムニョスは53.5キロ、亀田大とオルティアーヌが50.8キロといずれも階級の上限に合わせている。
 明日の試合オフィシャルの構成は次のとおり。バンタム級……レフェリー=ロベルト・ラミレス(プエルトリコ)/ジャッジ=ピニット・プラヤドサブ(タイ)、レビ・マルティネス(米)、ホセ・ロベルト・トーレス(プエルトリコ)。フライ級……レフェリー=ピニット・プラヤドサブ(タイ)/ジャッジ=レビ・マルティネス(米)、ロベルト・ラミレス、ホセ・ロベルト・トーレス(プエルトリコ)。立会人は両試合ともアラン・キム(韓)。
Related article
関連記事