July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 女子ダブル世界戦調印式

女子ダブル世界戦調印式

2010年12月5日 10時38分

 6日に挙行される女子世界戦2試合の予備検診、調印式が4日、後楽園ホール展示会場で行われた。
 WBA女子S・フライ級戦は王者天海ツナミ(山木)と挑戦者藤本りえ(協栄)のカード。もうひとつはWBC女子アトム級戦、王者小関桃(青木)に関西の秋田屋まさえ(ワイルドビート)が挑む一戦だ。
 調印後の会見では4選手にセールスポイントについて質問が飛び、WBA戦は「パンチがよく見えるのでかわして打つカウンター。もちろん打ち合っても負けない」とツナミが自信を見せれば、藤本も「中間距離でもくっついても戦える。あと気持ちでは絶対に負けない」と闘志満々のコメント。一方のWBC戦は「10ラウンドでも動きが落ちないこと。フルラウンド(のポイント)を取る」(小関)、「スピードで圧倒」(秋田屋)。対照的だがどちらも好試合が期待できそう。
 なお当日は男子のタイトル戦2試合(日本S・フライ級戦と日本&東洋太平洋ウェルター級戦)も同時に行われ“男女4大タイトルマッチ”となる。

Related article
関連記事