日本語

Home > ニュース > 丸山、サウスポー対決を制す
ニュース

2010年11月30日 火曜日

丸山、サウスポー対決を制す

 29日夜後楽園ホールのメイン8回戦はライト級のサウスポー対決。日本同級10位丸山伸雄(八王子中屋)がノーランカー佐々木悟(ヨネクラ)を2回58秒TKOに下した。
 大柄な佐々木が勢いよく攻め込んだが、丸山は冷静にブロックで被弾を避けると右フックをリターン。2回早々にこのパンチで佐々木をぐらつかせると、主審が試合をストップした。丸山は「最強後楽園」で中森宏に敗れて以来の再起に成功。「もう一度ランキング選手とやって、勝って自信をつけたい」と話していた。12勝3KO4敗1分。
 またセミ8回戦では日本S・ウェルター級7位山本忍(石橋)がミドル級2位の田中徹(横浜光)に3-0判定勝ち。初回に山本は右カウンターでダウンを奪い、アウトボクシングの田中を上下の攻めで終始追い続けた。これでキャリア10勝目(7敗)。
 もうひとつの8回戦は青山慶洋(角海老宝石)が人見斉光(帝拳)に5回終了時点で負傷判定勝ちを飾った。

Related

関連記事