April
15
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > リゴンドウはソッドと防衛戦、トップランクは最後?

リゴンドウはソッドと防衛戦、トップランクは最後?

2014年6月2日 17時24分

リゴンドウはソッドと防衛戦(ボクシングニュース)
リゴンドウ
 WBA&WBO世界S・バンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)の次回登場に関してトップランク社のボブ・アラム・プロモーターが滞在先のマカオで発言。既報のようにリゴンドウは7月19日マカオのベネチアン・ホテルで防衛戦を行うが、相手が当初発表されたジョナサン・グスマン(ドミニカ共和国)ではなく、タイの古豪ソッド・ゴーキャットジム(62勝28KO2敗1分)へスイッチされた。

 相手の変更に関してアラム氏は言及していないが、この試合がトップランクとの契約最後であることを強調。「彼と再契約できれば我々はうれしいが、HBOが彼を起用するのを渋っている。マーケットはアジアしかない」とコメント。そして「向かい側(ショータイム)に渡りたければ、自由にしていい」とリゴンドウの意思に任せると語っている。ちなみにリゴンドウは最近数試合コンビを組んだ同胞ペドロ・ディアス・トレーナーとの関係を解除している。

 同日の興行は“ゴールドラッシュ”のタイトルがつけられ、リゴンドウ同様オリンピック連覇のゾウ・シミン(中国)、元王者ブライアン・ビロリア(米)、ロンドン金メダルのイゴール・メコンツェフ(ウクライナ)が登場を予定する。

Related article
関連記事