2015年5月16日土曜日

ゴロフキンvsモンロー、ロマゴンvsソーサ計量パス

 明日16日(日本時間17日)ロサンゼルスのザ・フォーラムで挙行される2つの世界タイトルマッチの計量が15日、同会場で行われ、4選手ともリミットをクリアした。メインのWBA世界ミドル級“スーパー”王者ゲンナジー“GGG”ゴロフキン(カザフスタン)vs挑戦者ウィリー“マングース”モンローJr(米)はゴロフキンが159ポンド(72.12キロ)、モンローがリミットの160ポンド(72.57キロ)だった。

 これまでの防衛戦ですべてストップ勝ちを収めているゴロフキンは14度目のタイトル防衛戦。保持するWBCミドル級暫定王座もかけられる。世界初挑戦のモンローはWBA2位。NABOとNABAミドル級王者のサウスポー。

 オフィシャルはレフェリーがジャック・レイス、(米カリフォルニア州)。ジャッジはアデレード・バード(米ネバダ州)、スティーブ・ウェイスフェルド(米ニューヨーク州)、パット・ラッセル(米カリフォルニア州)。スーパーバイザーはWBA副会長ヒルベルト・メンドサJr。

 WBC世界フライ級戦は王者ローマン“チョコラティート”ゴンサレス(ニカラグア)が111ポンド(50.35キロ)でパス。挑戦者エドガル・ソーサ(メキシコ)は最初112.4ポンドを計測。全裸になりハカリの乗ったが112.2ポンドとオーバー。しかし時間が与えられ、リミット112ポンド(50.80キロ)に落とし事なきを得た。レフェリーがラウル・カイース・シニア(米カリフォルニア州)。ジャッジは追って発表される。Photos/BoxingScene.com