日本語

Home > ニュース > 岩佐亮佑が英国に出発、IBFバンタム級暫定王座戦
ニュース

2015年6月6日 土曜日

岩佐亮佑が英国に出発、IBFバンタム級暫定王座戦

 13日(日本時間14日)英国ブリストルで行われるIBF世界バンタム級暫定王座決定戦に出場する同級3位の岩佐亮佑(セレス)が6日、羽田空港から関西国際空港経由で英国に旅立った。

岩佐亮佑が英国に出発(ボクシングニュース)
左から小林会長、岩佐、加藤トレーナー

 同級4位リー・ハスキンス(英)との一戦に向けて調整を続けてきた岩佐は羽田空港で取材に応じ「最後のスパーリング(4日)でもいい動きができた。体重も昨日で1.7キロオーバー。やり残したことはない」と引き締まった表情。トレードマークのヘアースタイルもセットを済ませ、まさに準備万端といった様子だった。

 出発直前には、日本人オーナーが経営する現地で唯一の和食レストラン「YUME KITCHEN」の全面協力が得られるという朗報も飛びこんできた。これには岩佐も「食事の心配をしなくていいのは大きい。ドライフードをいちおう持って行くけど、たぶん食べないで済むと思う」と大歓迎。初の海外試合だけに、減量にも好影響を与えそうだ。

 英国まで応援に駆け付ける日本人は6、7人程度で、現地在住者を含めても援軍は10人ほど。完全アウェーの戦いは決して楽ではないが、岩佐は「ぶん取ってきます」と力強い一言。師匠の小林昭司会長も「普通にやれば倒せる」と自信を見せていた。

Related

関連記事