2015年6月17日水曜日

IBFバンタム級王者カバジェロが8月復帰、相手は?

 王座は明け渡さない――。負傷のため長期ブランクをつくっているIBF世界バンタム級王者ランディ・カバジェロ(米)が8月8日、ホームリングのカリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・カジノで防衛戦を予定している。ボクシング・シーン・ドットコムなどが伝えた。

 今月13日、英国ブリストルで行われたIBF暫定王座決定戦で、リー・ハスキンス(英)が岩佐亮佑(セレス)に勝利。カバジェロの離脱が長引けば、正規チャンピオンに昇格するケースもあったが、当面それはなくなった。

 カバジェロ(22勝13KO無敗)は2月27日、アルベルト・ゲバラ(メキシコ=WBC・L・フライ級王者ペドロの実弟)を相手に初防衛戦を予定していたが、練習中に右足首を負傷。手術を要する重傷で、以後リングに立っていない。今回、ゲバラとの仕切り直しになるのか、別の挑戦者を迎えるかはまだ未定。同じリングで3月に亀海喜寛(帝拳)にを判定で下したウェルター級ランカー、アルフォンソ・ゴメス(メキシコ=米)が出場を予定する。