February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 最強後楽園ミリオンマッチ、4階級に元王者出場

最強後楽園ミリオンマッチ、4階級に元王者出場

2015年7月23日 17時58分

 チャンピオン・カーニバルの出場権をかけて2013年まで実施されたトーナメント「最強後楽園」が生まれ変わる――。同トーナメントは昨年は出場選手の減少などが理由で行われなかったが、今年は11月2日に後楽園ホールで「日本タイトル挑戦権獲得 賞金争奪戦」(最強後楽園ミリオンマッチ)とリニューアルして開催されることになった。

左から黒田、益田、荒川、渡部の元王者たち

 実施階級はフライ、バンタム、ライト、ウェルターの4階級でワンマッチ形式となる。勝者には来年のチャンピオン・カーニバル出場権が与えられると同時に、今回からMVP選手に100万円の報酬が贈られることも決定。技能賞、敢闘賞には各10万円が贈られる。

 対戦カードは以下の通り。
■フライ級 黒田雅之(川崎新田=5位)-阪下優友(角海老宝石=7位)
■バンタム級 坂本英生(フジタ=4位)-益田健太郎(新日本木村=5位)
■ライト級 杉崎由夜(角海老宝石=4位)-荒川仁人(ワタナベ=5位)
■ウェルター級 渡部あきのり(野口=2位)-有川稔男(川島=3位)

 いずれの階級にも元チャンピオンが出場する。なお益田、渡部、有川の3選手は11月の決戦を前にそれぞれ試合(ノンタイトル戦)が決まっている。

Related article
関連記事