July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > カサレス左一撃TKO勝ち

カサレス左一撃TKO勝ち

2010年7月4日 14時16分

 名城戦から2ヶ月弱で初防衛戦のリングに上がったWBA世界S・フライ級王者ウーゴ・カサレス(メキシコ)が3日(現地時間)メキシコシティ近郊トラルネパントラで挑戦者13位エベラルド“シワ”モラレス(メキシコ)に7回TKO勝ちを飾った。
 今回が5度目の世界挑戦になるベテラン、モラレスは出だしからワイルドなパンチを放って対抗。しかしカサレスは左右にスイッチしながらシャープなパンチを決めてリード。打ち合いで左マブタをカットしたが、モラレスも右目から出血。ヒットを重ねた王者は7回、左カウンターを痛打。倒れたモラレスは立ち上がったものの、ダメージが色濃く、主審がストップをかけた。タイムは1分。
 カサレスは32勝23KO6敗2分。モラレスは34勝23KO13敗2分。
 同じリングではアナ・マリア・トーレス(メキシコ)がオルガ・フリオ(コロンビア)に4回TKO勝ちでWBC女子S・フライ級王座を守った。

Related article
関連記事