日本語

Home > ニュース > 尾川堅一が世界ランカーと対戦、山中世界戦セミ
ニュース

2015年8月5日 水曜日

尾川堅一が世界ランカーと対戦、山中世界戦セミ

尾川堅一が世界ランカーと対戦(ボクシングニュース)
尾川堅一
 WBC世界バンタム級チャンピオン山中慎介(帝拳)と前世界スーパー王者アンセルモ・モレノ(パナマ)が対戦する9月22日の東京・大田区総合体育館で、日本S・フェザー級5位の尾川堅一(帝拳)がセミでWBC・S・フェザー級14位デイビ・フリオ・バッサ(コロンビア)と対戦することが決まった。

 日本拳法からボクシングに転向した尾川は2010年にプロデビュー。国内屈指の強打を武器に11年の全日本新人王を獲得するなど、ここまで15勝13KO1敗をマークしている。対するバッサは34歳ながら17勝10KO無敗の戦績。帝拳ジム期待の27歳が初の世界ランカー戦を迎える。

 なおこのイベント「ワールドプレミアムボクシング The Real 22」のチケットは、チケットぴあにて8月2日から先行販売、8日から一般販売が始まる。料金はリングサイドA席3万円、リングサイドB席2万円、リングサイドC席1万円、スタンドA席1万円、スタンドB席5000円。

Related

関連記事