February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > デラホーヤのいとこが初メイン、ユース王座決定戦

デラホーヤのいとこが初メイン、ユース王座決定戦

2015年9月4日 14時56分

 ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)社長のオスカー・デラホーヤ氏のいとこで、2年前にプロデビューしたディエゴ・デラホーヤ(メキシコ=21歳)が明日4日(日本時間5日)初の10回戦に出場する。試合はGBPがロサンゼルスのダウンタウン、ベラスコ・シアターで定期的に開催している「LAファイトクラブ」の一環として挙行される。

デラホーヤ氏のいとこが初メイン(ボクシングニュース)
デラホーヤ氏を挟んでディエゴ(左)とルイス

 ディエゴ・デラホーヤはこれまで11勝7KO無敗。メキシコのメヒカリ出身だが、試合はこれまで米国内で行っている。マネジャーはデラホーヤ兄のジョエル・デラホーヤ氏。明日の試合はヘスス“エストレージャ”ルイス(メキシコ)とWBC・S・バンタム級ユース王座を争う。ルイス(34勝23KO6敗5分)は今年1月レオ・サンタクルスに挑戦してTKO負けしたが、キャリアが浅いデラホーヤにはかなりリスクの高い一戦だと思われる。

 3日行われた計量でデラホーヤはリミット122ポンド(55.34キロ)、ルイスは121.6ポンド(55.16キロ)を計測した。Photo/GBP

Related article
関連記事