2015年10月1日木曜日

コット公開練習、カネロ戦に向け準備着々

 元世界S・ウェルター級王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とのビッグマッチに臨むWBC世界ミドル級王者のミゲール・コット(プエルトリコ)が30日、カリフォルニア州ハリウッドのワイルドカードボクシングクラブで報道陣に練習を公開した。試合は11月21日(日本時間22日)、ラスベガスのマンダレイベイで挙行される。

 コットは2012年にオースティン・トラウト(米)に敗れて以降、殿堂入りトレーナーのフレデ・ローチとコンビを組んで復活。この日もメディアに対し「フレディ・ローチの作ったプランに絶対の自信を持っている。試合までに勝つための準備が整うだろう」とローチへの信頼を口にした。

 ローチは「ここワイルドカードにはエネルギーがみなぎっている。ミゲールは私の知る中で最もハードな練習をする選手の一人だ。私と一緒にリングに上がるまで、ひと時たりとも時間を無駄にしないだろう」と話した。

 この一戦は5月のフロイド・メイウェザーvsマニー・パッキャオに次ぐ2015年の大一番と言われている。同じリングには、日本の誇る“ボンバーレフト”WBC世界S・フェザー級王者の三浦隆司(帝拳)も登場。フランシスコ・バルガス(メキシコ)と5度目の防衛戦を行う。Photo/BoxingScene.com