May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > コット父が死去

コット父が死去

2010年1月5日 10時09分

 プエルトリコからのニュースで、ミゲール・コットの父親ミゲール・コット・カラスキーリョさんが3日日曜日午後、心不全のため亡くなった。57歳だった。
 地元の新聞によると、コット・カラスキーリョさんはカグアス市内で車を運転中に呼吸困難に陥り、近くの商店に助けを求めた。商店の店員がすぐ救急車を呼んだが、介抱の甲斐なく息を引き取ったという。
 悲報を聞き、コットは「家族全員にとって非常につらい出来事。どうか我々がこの困難を克服できるよう、見守ってほしい」とコメントしている。
 コット・カラスキーリョさんはパッキアオ-コット戦の前、HBOが放映したドキュメンタリー形式の番組「24/7」に登場。温厚な人柄で、妻フアナさんらとキャンプで息子をサポートする姿が印象的だった。地元ではアマチュア試合のジャッジも務めていた。

Related article
関連記事