February
25
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ヒメネスがTKO勝利、河野公平への再挑戦をアピール

ヒメネスがTKO勝利、河野公平への再挑戦をアピール

2015年11月17日 16時32分

 ドミニカ共和国のプエルト・プラタで14日(日本時間15日)行われたイベントのメインにWBA・S・フライ級5位ノルベルト“メネイート”ヒメネス(ドミニカ共和国=写真)が登場。同国のルシアン・ゴンサレスに7回2分6秒TKO勝ちを飾った。

 ゴンサレスは9月、敵地メキシコでS・バンタム級プロスペクトのレイ・バルガス(メキシコ)にダウンを奪ったものの、判定負けした選手。押し気味に進めるヒメネスは7回、コンビネーションをボディーに撃ち込んで圧倒。これがダメージングブローとなり、ゴンサレスは四苦八苦。レフェリーの問いに苦痛を表しストップされた。試合後ドクターの診断で敗者はあばら骨にひびが入ったことが発覚した。

 プロモーターのペーニャ女史とともに勝利コールを受けたヒメネス(23勝12KO8敗4分)は、昨年大みそかにWBA世界S・フライ級王者の河野公平(ワタナベ)と引き分けた後、3連勝をマーク。「あと1、2試合行った後、来年中に王者河野公平に再アタックしたい」と河野への再挑戦をアピールした。

Related article
関連記事