2015年11月27日金曜日

江藤光喜と木村悠が計量パス、あすダブル世界戦

 あす28日ゼビオアリーナ仙台で開催されるダブル世界タイトルマッチの計量と記者会見が27日、仙台市内のホテルで行われた。WBC世界S・フライ級王者カルロス・クアドラス(メキシコ)と挑戦者2位の江藤光喜(白井・具志堅S)はともに51.9キロ。WBC世界L・フライ級王者のペドロ・ゲバラ(メキシコ)48.9キロ、挑戦者3位の木村悠(帝拳)は48.7キロでクリアした。

 これが5度目の防衛戦となるクアドラスは、日本で6戦目にして初めての世界タイトルマッチに自信満々。「作戦はあしたまで言わない」と不敵に笑い、会場をあとにした。一方、タイトル初挑戦となる前OPBFフライ級王者の江藤は1階級上げたことが功を奏し、無理なく計量をクリアした。クアドラスについて聞かれると「減量がきつそう。絶対にオレの手が上がる」と王座奪取に気合十分。平仲明信以来23年ぶりとなる沖縄出身の世界王者誕生を目指す。

 こちらもタイトル初挑戦の頭脳派“商社マンボクサー”として知られる木村は「インテリジェンスで負けないように戦略を組み立てて挑みたい。必ずベルトを持ち帰る」とテクニシャン対決にやる気をみなぎらせた。昨年日本で八重樫東(大橋)を下して王座を獲得した“弁護士ボクサー”ゲバラは「文句ない勝利で防衛する」と3度目の防衛に自信を見せた。

 使用されるグローブは2試合ともメキシコ製。当初はチャンピオンが赤、挑戦者が黒を使う予定だったが、メキシコ陣営がこれに待ったをかけ、協議の結果4人全員が黒を使用することになった。試合模様はWOWOWプライムで17時45分から無料生中継される。