July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > マヨルガ総合格闘技転向か?

マヨルガ総合格闘技転向か?

2009年9月24日 18時35分

 元世界ウェルター級&S・ウェルター級王者で、派手なキャラクターで売ったリカルド・マヨルガ(ニカラグア)がMMA(総合格闘技)への転向を表明し、話題となっている。
 今週月曜日(現地時間)マイアミで記者会見を開いたマヨルガ(35歳)は「だいぶ前からMMAに参戦したいと希望していた。私はニカラグアのストリートでファイトすることを覚え、その後ボクシングを学んだナチュラル・ファイター。ルールが厳しいボクシングよりも自分に合っているかもしれない」と発言。参戦を望む最大の理由はドン・キング・プロモーターとの確執だとマヨルガは明かしている。と言っても、ボクシングを完全に捨てるわけではなく、条件次第でカムバックすることも考えているという。
 すでに格闘技デビューの相手としてアメリカンフットボールの元スター、ハーシェル・ウォーカーの名前があがっている。こちらは47歳と高齢だが、テコンドーの黒帯所持者で、冬季オリンピックのボブスレー競技の米国代表に選ばれたほどの猛者。しかもヘビー級ということもマヨルガを悩ましそうだ。
 ちなみにマヨルガは昨年9月、シェーン・モズリーに最終回残り1秒でKO負けを喫して以来、リングに上がっていない。

Related article
関連記事