2016年2月14日日曜日

マルケス5月に復帰戦か、コット戦の可能性は?

 リングから遠ざかっているメキシコのビッグネーム、元世界4階級王者のフアン・マヌエル・マルケス(写真)が、自身の復帰戦と前WBC世界ミドル級ミゲール・コット(プエルトリコ)と対戦する可能性について海外メディアに語っている。

 2013年10月、ティモシー・ブラッドリー(米)にWBO世界ウェルター級王座を奪われたマルケスのラストファイトは14年5月のマイク・アルバラー(米)戦。その後、何度か復帰戦の話が出ては消えていた。

 最近トレーニングを再開したというマルケスは「5月に復帰戦をやりたいと思っているが、2年のブランクがあるので、身体の状態をしっかり見極めないといけない。私は100%のコンディションを作る必要がある」とまずは復帰について慎重にコメント。コットとの試合については、コットの次戦は6月に予定されていることから「5月の試合が終われば考える。やるとすれば9月か10月だ」との見通しを示した。

 スポーツ専門局ESPNなどによると、コットはマルケスとの試合に前向きで、147ポンド(ウェルター級)ないし150ポンドの契約体重を想定しているとのこと。ただし、マルケスを擁するザンファー・プロモーション&トップランクと、コットをプロモートするロック・ネイション・スポーツの関係が良好とは言えないだけに、どう転ぶかは分からない。

 いずれにしてもまずはマルケスが完全に復帰の意思を固めなければ始まらない。「身体の状態は悪くない。もし5月に試合をするのであれば、3月中には発表できると思う」と話している。