日本語

Home > ニュース > 加治木、2回で倒す
ニュース

2009年8月3日 月曜日

加治木、2回で倒す

 2日、大阪市IMPホールの1部メイン8回戦では加治木了太(日本ライト級12位=大鵬)が元ランカーの小林克也(正拳)に2回2分5秒TKO勝ち。
 2回、プレッシャーを強めた加治木は小林のパンチをブロッキングでしのぐと、リターンの右で痛烈なダウンをマーク。立ち上がった相手を左フックでぐらつかせてストップした。14勝8KO4敗。
 セミの川波武士(大鵬)-山崎晃(六島)の日本ランカー対決は、川波が接戦を2-1判定で制した。終盤は山崎の粘りにあったものの序盤のリードが生きた。スコアは78(川波)-77(山崎)、77-76、76-77。また、もうひとつの8回戦は中澤翔(大鵬)が楠浩明(グリーンツダ)に判定勝ちした。
 そのほかの試合結果は以下の通り(左が勝者)。
S・ライト級6回戦 竹中聡(大鵬)判定 高林隼人(グリーンツダ)
58.3キロ6回戦 柳井育夫(大鵬)引き分け 湯川翔太(江坂)
フェザー級4回戦 林駿(ウォズ)判定 大槻耕平(大阪帝拳)
フライ級4回戦 金沢晃佑(大鵬)KO1回 魚住和也(JM加古川)

Related

関連記事