0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年4月26日火曜日

IBF王者ジョシュア、V1戦は五輪選手ブラゼールと

 6月25日ロンドンのO2アリーナで初防衛戦を予定するIBF世界ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(英=写真)の挑戦者にドミニク・ブラゼール(米)が選ばれた。ジョシュアは4月9日、チャールズ・マーティン(米)を2ラウンドKOで破り王座を奪取。O2アリーナには今回で5試合連続登場になる。

 ブラゼール(30)はこれまでプロで17勝15KO無敗。IBFランキングは13位。WBC米大陸ヘビー級王座を保持する。ボクサーになったのは遅く、北コロラド大学時代はアメフトのクォーターバックとして活躍した。ロンドン・オリンピックに米国S・ヘビー級代表で出場したが初戦で敗退。同級金メダリストがジョシュアだった。身長2メートル、体重116キロの体格を誇り、1月の最新試合でサウスポーの元囚人アミール・マンソール(米)に5回終了TKO勝ち。しかし3回にダウンを喫し、スコアカードは劣勢だった。

 16勝16KO無敗で王者に就いたジョシュア(26)は同じイギリスのWBA&WBOヘビー級統一王者タイソン・ヒューリーや、WBC王者デオンタイ・ワイルダー(米)とのビッグマッチが期待されており、今後のためにまたも印象的な勝利を飾りたいところ。ジョシュアに対戦を要求するコメントを発していたヒューリーは「AJ(ジョシュア)はろくでなしと戦う」とツイッターでこき下ろしている。