2016年6月25日土曜日

ジョシュアvsブラゼール、賭け率33-1で王者有利

 IBF世界ヘビー級タイトルマッチ、王者アンソニー・ジョシュア(英)vs挑戦者ドミニク・ブラゼール(米)の計量が24日ロンドンのコベント・ガーデンで行われた。初防衛戦に臨むジョシュアは243ポンド1/4(110.34キロ)、ブラゼールは255ポンド(115.67キロ)をマークした。試合は明日25日(日本時間26日)ロンドンのO2アリーナで挙行される。プロモーターはマッチルーム・ボクシング。

 オフィシャルはレフェリーがハワード・フォスター(英)、ジャッジはデーブ・パリス(英)、ロビン・タイラー(米)、パスクアーレ・プロコピオ(カナダ)の3氏。オッズ・メーカーの賭け率は当初よりやや接近したものの、33-1の大差でジョシュア優位となっている。

 同じリングで行われるWBAインターナショナルS・ミドル級戦は王者ジョージ・グローブス(英)が167ポンド1/2(75.98キロ)、相手のマーティン・マーレイ(英)は168.1ポンド(76.25キロ)。リミット168ポンド超のマーレイは勝っても王者に就けない。

 またゲンナジー・ゴロフキンの対戦候補に挙がっているクリス・ユーバンクJr(英)は160.2ポンド(72.67キロ)、相手のトム・ドラン(英)は158.3ポンド(71.80キロ)。ミドル級160ポンド超のユーバンクは防衛予定だった英国ミドル級王座を失った。Photo/Matchroom Sport