0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年6月25日土曜日

サーマンvsポーター計量合格、NYはウェルター級決戦

 全クラスを通じてもっとも注目度が高いといわれるウェルター級でトップ対決─。明日25日(日本時間26日)ニューヨークのバークレイズ・センターで挙行されるWBA世界ウェルター級タイトルマッチの計量が24日行われ、王者キース・サーマン(アメリカ)がリミット1ポンドアンダーの146ポンド(66.22キロ)、挑戦者で前IBF王者ショーン・ポーター(アメリカ)は147ポンド(66.68キロ)で無事パスした。

 ポーター(26勝16KO1敗1分)はハカリに乗った時点でオーバーだったが、全裸になりリミットでクリアした。「計量ではこういうことがよくある。以前も同様なことがあった」とポーターは気にしていない。1年前のエイドリアン・ブローナー戦(ポーターの判定勝ち)ではキャッチウエートの144ポンドまで落とした実績があり、体重の問題はなさそうだ。2年前にケル・ブロックに奪われて以来の王座復帰を目指す。

 暫定王者から昇格後3度目の防衛戦となるサーマン(26勝22KO無敗1無効試合)は約1年ぶりのリング。当初このポーター戦は3月に組まれたが、自身が交通事故に遭い、延期された。「この一戦は私のキャリア、私のタイトル、無敗レコードがかかる」と計量終了後に発言。そして「自分がすべきことをやるだけ。私は自分の力を実践する。相手は眠るだろう」と自信満々。賭け率は2-1ほどでサーマン有利と出ている。Photo/SHOWTIME