日本語

Home > ニュース > 元GBPのシェーファー氏が新会社設立、LAで初興行
ニュース

2016年9月1日 木曜日

元GBPのシェーファー氏が新会社設立、LAで初興行

 GBP(ゴールデンボーイ・プロモーションズ)のCEO(最高経営責任者)として手腕を振るったリチャード・シェーファー氏がボクシング界に復帰する。シェーファー氏は自身のプロモーション会社「リングスター・スポーツ」を設立。興行第1弾として10月15日ロサンゼルスのステープルズ・センターで3つのタイトルマッチを挙行するプランを明かした。正式アナウンスは行われていないが、複数のメディアによると今週中に発表されるという。

 当日のカードはWBA世界フェザー級“レギュラー”王者ヘスス・クエジャール(アルゼンチン=写真左)に3階級制覇王者アブネル・マレス(メキシコ=米)が挑戦。これをメインにWBC世界ウェルター級王者ダニー・ガルシア(米)vs挑戦者アンドレ・ベルト(米)がセミ格。そしてカムバックしたマイキー・ガルシア(米=写真右)がWBC世界ライト級“レギュラー”王者デヤン・ズラティカニン(モンテネグロ)に挑戦と豪華なラインナップが並ぶ。

 シェーファー氏はGBP社長オスカー・デラオーヤ氏のパートナーとしてGBP創立以来の急成長に貢献した。しかし主力選手が強力代理人アル・ヘイモン氏の下に移籍した際にデラホーヤ氏と確執が生じ、2年前GBPを離れていた。噂ではヘイモン氏とタッグを組むのではといわれたが、ここまで表面的には沈黙を続けていた。

 10月15日に出場する選手はガルシアを除いてヘイモン氏のPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)に所属する。正式発表されるイベントがPBCシリーズの一環なのか、シェーファー氏独自の興行なのはまだ判明していない。

Related

関連記事