April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > OPBFランキング発表 新ランカー続々

OPBFランキング発表 新ランカー続々

2013年7月5日 11時29分

 6月のOPBF東洋太平洋ランキングが発表された。新王者は2人。バンタム級の椎野大輝(三迫)とフェザー級の李冽理(横浜光)はともに王座決定戦を制してベルトを巻いた。日本人選手は最強後楽園などで上位対決が相次ぐなどした結果、変動の激しいランキングとなった。

 
岩崎悠樹

L・フライ級は堀川謙一(SFマキ)が12位でランク入り。堀川に敗れた久田哲也(ハラダ)、大塚博之(帝拳)は圏外となった。S・フライ級は石崎義人(真正)が11位に入った。石崎に競り負けた野崎雅光(八王子中屋)、メキシコで敗れた白石豊土(協栄)がランクから消えた。

 バンタム級では新たに岩崎悠樹(新開)が11位、松尾佳彦(YANAGIHARA)が15位に。岩崎に敗れた石田將大(本多)が外れた。S・バンタム級のクアウテモク・バルガス(折尾)も15位に入った。

原純平

 フェザー級は上野則之(ワタナベ)が9位にランクされた。S・フェザー級は新たに泉圭依知(18鴻巣)が8位、原純平(大橋)が10位、佐藤通也(石丸)が11位。泉と佐藤の軍門に下った加治木了太(大鵬)、一場仁志(角海老宝石)は圏外へ。ミドル級では佐々木左之介(ワタナベ)との直接対決を制した下川原雄大(角海老宝石)が14位に入った。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了