2016年9月25日日曜日

フューリー体調不良、クリチコ再戦ひとまず中止に

 10月29日マンチェスターで予定された世界ヘビー級WBA&WBO統一王者タイソン・フューリー(英)vs前王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)の再戦がキャンセルされた。23日(日本時間24日)フューリーのマネージメント・チームがメディアに通達した。理由はフューリーのコンディションが医学的にリングに上がれる状態でないと伝えられる。

 両者のダイレクトリマッチは去る7月マンチェスターで予定されたが、フューリーが左足首の負傷を理由に延期をリクエスト。新スケジュールが発表された。しかし先日、10月の試合を前にした記者会見にフューリーは欠席。「車が故障したため」とフューリーは弁解したが、その真偽が問われた。

 今回の通達では、フューリーが足首の負傷から回復していないのか、あるいは新たな問題が発生したのかは触れられていない。フューリー自身も即時、陳謝の声明を発信しているが、具体的な内容は伏せられている。英国のドーピング検査で問題を抱えているとも噂され、予断を許さない。延期というより、中止に近い状況といえる。


-->