2016年12月28日水曜日

田中恒成も予備検診、リーチはフエンテスが10cm長

  2016年末の世界戦シリーズ、岐阜メモリアルセンターで開催される「SOUL FIGHTING」のメイン、WBO世界L・フライ級王座決定戦の予備検診が28日に名古屋市内のCBCテレビで行われた。

 今度の試合はドニー・ニエテス(比)が返上した王座を争う決定戦。プロ8戦目で2階級制覇を狙う田中恒成(畑中)と元WBOミニマム&L・フライ級暫定王者のモイセス・フエンテス(メキシコ)が激突。フエンテスはすでに24日に来日している。

 検診の結果は「ともに異状なし」。身長ではフエンテスが約5センチ上回っており、これがリーチ差となると11センチの差。体格の利をもってプレスしてくるのだから相手にすればやっかいだ。田中が身上のスピードを生かしていかに攻めるかが注目される。

 また同日はセミで日本フェザー級タイトルマッチ が行われる。新チャンピオン林翔太(畑中)に元WBA世界S・バンタム級チャンピオンの下田昭文(帝拳)が挑むカード。世界戦ではないが、興味深いベテランのサバイバル戦だ。主な健診結果は以下の通り。

     フエンテス   田中
身長   169.3㎝     164.1㎝
頸周   35.2㎝      34㎝
胸囲   82.7㎝      78.1㎝
視力   右1.5左1.5   右1.0左0.5
リーチ  173㎝      162.1㎝