July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

32°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 江畑が女子OPBFタイトル獲得 山口はKO勝ち

江畑が女子OPBFタイトル獲得 山口はKO勝ち

2013年7月22日 21時06分

 東洋太平洋女子フライ級王座決定戦が22日、後楽園ホールで行われ、同級1位の江畑佳代子(ワタナベ)が同2位の孫チョーロン(韓国)を3-0(78-73×2、79-73)の判定で下してタイトルを獲得した。

序盤にジャブを差し合う江畑(右)

 4回までは孫の右フックが決まってイーブンの展開だったが、江畑が5回から抜け出した。右ストレートが決まりだすと、足もよく動き、終盤は試合を支配した。孫はホールディングが多く6回に減点1を科せられた。タイトルマッチ4連敗中だった江畑は37歳にして悲願のタイトル獲得。戦績は6勝4KO4敗。26歳の孫は11勝3KO4敗。

山口は世界戦中止のショックを見せずに圧勝

 世界タイトルマッチが中止となったWBA女子世界S・フライ級王者の山口直子(白井・具志堅S)はメインで53㎏契約8回戦に登場。中止の鬱憤を晴らすかのように初回からラッシュし、チュタポーン・プラディッサン(タイ)から3回のダウンを奪って1回1分56秒KOで勝利した。3度目の防衛戦は10月に仕切り直しの予定。

 またセミファイナルの前には、前東洋太平洋女子S・フライ級王者つのだのりこの引退記念セレモニーが行われた。

Related article
関連記事