July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 帝里木下がV4 神戸の日本S・フライ級タイトル戦

帝里木下がV4 神戸の日本S・フライ級タイトル戦

2013年7月28日 19時44分

 28日午後神戸サンボーホールで行われた日本S・フライ級タイトルマッチは、王者帝里木下(千里馬神戸)が同級5位戎岡淳一(明石)を文句なしの3-0判定に下し、4度目の王座防衛に成功した。

8回にジャブを決める帝里(右)

 サウスポーの王者は同じ兵庫出身のベテラン相手にやや慎重だったが、スタートから右ジャブ、左ストレートからの連打を的確に決め自らのペースを守った。6回には、攻勢に出た挑戦者にしばし守りに回った後、一転して猛ラッシュを敢行。戎岡も耐えたためストップはならなかったが、その後もチャンピオンがしっかりポイントを積み重ねた。スコアは99-91、98-93、98-94と、4点差もあったが、まずは大差といっていい勝利だった。

 本人は試合後のインタビューで「世界となるとまだまだの内容だし課題もみつかりましたが……」と前置きしつつ、世界挑戦の意欲も口にした。「狙えるならどこへでも行って(世界タイトルを)もぎ取ってきたい」。千里馬会長は国内挑戦の計画を建てているといい、それは来年になりそうということだ。

Related article
関連記事