May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 村田が渡米 トップランク契約で記者会見

村田が渡米 トップランク契約で記者会見

2013年6月9日 16時48分

 米プロモーション大手のトップランク社と契約したロンドン五輪金メダリスト村田諒太(三迫)が9日、成田空港からロサンゼルスに旅立った。現地時間10日(日本時間11日)にビバリーヒルズでトップランク主催の記者会見に臨み、その後はラスベガスでトレーニングに入る。

 
記者の質問に笑顔を見せる村田

日本人選手として快挙と言えるトップランクとの契約について村田は「(トップランクは)ボクシングの歴史を作ってきた。デラホーヤだったり、ヘビー級のアリだったり。その一員となれるのは光栄なこと。大きな歴史の1ページに自分の名前も刻まれるよう努力していきたい」と目を輝かせた。

 もっとも今回の渡米も、最大の目的はラスベガスでのトレーニングである。先月のラスベガス合宿では、米ウェルター級期待のマイク・ジョーンズらとスパーリングを重ねて充実感を得ただけに、今回も期待は大きい。

「プロはノックアウトを狙う競技で、そこがアマとの違い。強いパンチをもらわずに、強いパンチを打たないといけない。今回はだれとスパーリングするかは決まっていませんが、パンチのある外国人選手とのスパーはいい緊張感がある。実りのある合宿をして、プロでやっていく自信をつけてきたい」

 デビュー戦は8月か9月。村田は今後も継続的にアメリカ武者修行で腕を磨く予定だ。

Related article
関連記事