April
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 石田匠の王座獲得なるか、7万8000人前にヤファイ戦

石田匠の王座獲得なるか、7万8000人前にヤファイ戦

2017年10月28日 9時17分

  WBA世界S・フライ級タイトルマッチの計量も27日、英ウェールズのカーディフで行われ、チャンピオンのカリド・ヤファイ(英)が114.9ポンド(52.11キロ)、挑戦者1位の石田匠(井岡)が114.5ポンド(51.93キロ)で明日の試合に進んだ。試合会場のプリンシパリティ・スタジアムはあす7万8000人が訪れると見込まれている。

アップセットが期待される石田(右)と王者ヤファイ

 石田(24勝13KO無敗)は5度防衛した日本タイトルを昨年返上し、指名挑戦者としてつかんだ初の世界タイトルマッチ。英大手ブックメーカーの出しているオッズは、ヤファイの勝利が1.06倍、石田の勝利は9.00倍と圧倒的に不利と見られている中、敵地でアップセットを目指す。

 ヤファイ(22勝13KO無敗)は昨年、河野公平(ワタナベ)から王座を奪ったルイス・コンセプシオン(パナマ)を下して獲得した王座の2度目の防衛戦。WBC王者にローマン・ゴンサレス(ニカラグア)を下したシーサケット・ソールンビサイ(タイ)、WBO王者に世界が実力を認める井上尚弥(大橋)が君臨するS・フライ級で、存在感を見せつけたところだ。

女子スター候補のテイラー(左)とサンチェス

 前座では、ロンドン五輪女子金メダリストで、デビューから6連勝(4KO)のケイティー・テイラー(アイルランド)が初世界戦。元IBF女子世界S・フェザー級王者アナイ・サンチェス(アルゼンチン)と空位のWBA女子ライト級王座を争う。ヘビー級のWBC3位ディリアン・ホワイト(英)はロバート・ヘレニウス(フィンランド)とWBCヘビー級シルバー王座戦。Photos/BoxingScene.com

Related article
関連記事