May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 近藤明広が渡米、NYでIBF世界S・ライト級決定戦

近藤明広が渡米、NYでIBF世界S・ライト級決定戦

2017年10月29日 23時14分

 11月4日ニューヨークのバークレイズセンターで挙行されるIBF世界S・ライト級王座決定戦に出場する同級3位の近藤明広(一力)が29日夕、成田空港からニューヨークに向かって出発した。近藤は同級1位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)と対戦する。

 アメリカで世界初挑戦を迎える近藤(29勝16KO6敗1分)は空港で家族に見送られ、決戦の地ニューヨークへ出発。東洋大で同期だった村田諒太(帝拳)が22日、WBA世界ミドル級王座を獲得した姿に刺激を受けており、村田に続く快挙に期待が集まる。

 12勝10KO無敗の戦績を誇るリピネッツはパワフルなボクシングが売りだが、近藤はスピード勝負を目論もつもりだ。下馬評不利を承知でアップセットを狙っている。

 当日のメインイベントは、無敗のWBC世界ヘビー級王者デオンタイ・ワイルダー(米)が前王者バーメイン・スタイバーン(カナダ)とV6戦。ほかにもヘビー級世界ランカー対決、元IBF世界ウェルター級王者ショーン・ポーター(米)の出場など豪華なイベントになっている。

Related article
関連記事