February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

10°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウォード復帰ほのめかす ターゲットはジョシュア?

ウォード復帰ほのめかす ターゲットはジョシュア?

2018年1月25日 12時25分

 昨年9月に現役引退を発表した元S・ミドル級、L・ヘビー級統一王者アンドレ・ウォード(米)が現地時間23日、トレーニングを再開し、体重が199ポンド(90.26キロ)であることをツイッターで発信した。その後ウォードは「チームとスペシャルなジムワークを始めた」と追ツイート。カムバックの可能性が高いことを匂わせた。

ウォードはヘビー級で復活となるのか

 ウォード(33)は昨年6月セルゲイ・コバレフ(ロシア)を再戦で返り討ちにするTKO勝ち。L・ヘビー級の3冠を防衛した。その後ベルトはコバレフ(WBO)、アルツール・ベテルビエフ(IBF)、ディミトリ・ビボル(WBA)が決定戦を制して獲得し早くも分裂。ウォードはHBOが中継する試合の解説者を務めている。

 そのウォードのモチベーションを刺激しているのが同じくHBOでコメンテーターを務めるロイ・ジョーンズJrが03年に達成したヘビー級制覇。ウォードのトレーナー、バージル・ハンターは「ひとまずクルーザー級に進出することは時間の浪費だと、ウォードは考えている。これはジョークではない。彼は本気でアンソニー・ジョシュアに挑戦したいと思っている」とメディアに発言した。

 HBOでチームを組む進行役のジム・ランプリーも「先日アンドレと会った時、彼は熱っぽくジョシュア攻略法を話していた」と証言しており、今後の動きが注目される。

Related article
関連記事