May
24
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > クリチコ弟×ポベトキン 10.5モスクワ内定

クリチコ弟×ポベトキン 10.5モスクワ内定

2013年5月28日 13時11分

 ロシアからのニュースで、ヘビー級3冠統一チャンピオン、ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)×WBA“レギュラー”王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)の統一戦が10月5日モスクワで挙行されると報じている。

 
ポベトキン
Wクリチコ

 ポベトキンのマネジャー、ウラジミール・ハーユノフ氏が日本円で約23億円で落札して話題となった一戦。クリチコは約17億円、ポベトキンは約6億円の報酬が見込まれる。ただし、両陣営が主張するドーピング検査が大きな課題となりそう。クリチコはホームリングとするドイツのNADA(ナショナル・アンチドーピング・エージェント)の検査規格を主張し、ポベトキン側はRUSADA(ロシアン・アンチドーピング・エイジェンシー)の採用を求めているからだ。

 2つとも国際規格に合致するが、NADAの方がオリンピック方式に近く、より検査が厳格だといわれる。最近では、同じクリチコに挑戦したマウリシュ・ワフ(ポーランド)やミドル級のシュトゥルムと対戦したサム・ソリマン(豪)が、NADAの検査に引っ掛かりサスペンド処分を受けている。

Related article
関連記事