July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 佐々木尽は関根幸太朗とダウン応酬ドロー 谷口彪賀が日本ユースS・フェザー級王者に

佐々木尽は関根幸太朗とダウン応酬ドロー 谷口彪賀が日本ユースS・フェザー級王者に

2022年7月9日 18時39分

「ファイティング・スピリット・シリーズ44」が9日、東京・八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で開催された。メインの64.5キロ契約6回戦は、前日本ユースS・ライト級王者の佐々木尽(八王子中屋)が21年度全日本同級新人王で拓大出身の関根幸太朗(ワタナベ)とドロー。地元試合を飾れなかった。

◇64.5キロ6回戦
佐々木尽(八王子中屋)[引き分け1-0(57-55、56-56×2)]関根幸太朗(ワタナベ)
 強打者対決はスタートからバチバチの打ち合い。関根のほうが手数が多く、佐々木は「来い」と挑発ポーズ。しかしラウンド終盤、離れ際に佐々木の左フックが火を噴き、関根がバッタリとダウン。よく立ち上がったという印象でゴングに救われた。

佐々木は初回にダウンを奪った

 佐々木は2回以降、頭をつける戦いで主武器の左フックで関根に迫った。しかし関根はよく耐えて応戦し、ダメージが回復すると左ボディ打ちなどで佐々木を追い上げていく。佐々木は手数が伸びず、左フック一辺倒に陥った。迎えた5回終了間際、近距離の攻防で関根の左フックが決まり、佐々木がダウン。最終回は佐々木も攻めてゴングとなった。

関根は5回にダウンを奪い返す

 自身初のドローに終わった佐々木は「期待してもらったのにいいパフォーマンスができなくて申し訳ない。自分がこの程度だと思うと悔しい」とコメント。試合前から両足のつけねがしびれ、足が思うように動かなかったことを明かした。佐々木は12勝11KO1敗1分。関根は3勝3KO1分。

◇日本ユースS・フェザー級王座決定8回戦
谷口彪賀(八王子中屋)[3-0(79-71、80-70×2)]福田星河(エディタウンゼント)
 初回、福田が左フックを決めてサウスポー谷口をロープに押し込んだが、これをサイドに抜けた谷口が左ストレートをカウンターで決め、福田がキャンバスに落下した。ラウンド終盤にも谷口の左が再び火を噴き、2度目のダウンとなった。

谷口(右)は上下の打ち分けも光った

 劣勢の福田は3回にピッチを上げて前進。距離を詰めて谷口に右を決めるシーンを作ったが、谷口は右フックでサイドに動きながらコツコツとヒットを重ね、ポイントを獲得していった。福田の闘志は終了のゴングが鳴るまで衰えなかったものの、谷口は7回にボディ攻めで福田にダメージを与え、ペースを明け渡すことなくゴールテープを切った。谷口は6勝1KO3敗2分。福田は6勝1KO4敗。

谷口の話「去年7月の八王子の興行でダウンを取って逆転KO負けをした。今日は最後までKOを狙わないように戦った。去年までの自分だったらあそこで倒しにいって、逆にやられていたと思う。もっと上のベルトに届くように精進してがんばりたい」

会心の勝利を挙げた高田

◇ミニマム級8回戦
高田勇仁(ライオンズ)[TKO1回41秒]伊佐春輔(川崎新田)
 過去1勝1敗の両者が3度目の対決。スタートから互いに軽量級らしくよく動き、リードを突いていった。開始30秒すぎ、距離が詰まったところで高田が左フックを振り抜くと、これがジャストタイミングで伊佐のアゴに炸裂。倒れた伊佐は立ち上がろうとしたが体に力が入らず、主審がノーカウントで試合を止めた。昨年8月の日本ユース王座決定戦で敗れた借りを返した高田は大喜び。戦績を9勝4KO8敗3分とした。まさかの秒殺負けを喫した伊佐は9勝1KO5敗1分。

◇S・フライ級4回戦
齋藤哲平(M.T)[引き分け1-0(39-38、38-38×2)]和田大杜(FLARE山上)

初回KOデビューの中島

◇S・ライト級4回戦
中島海二(八王子中屋)[TKO1回42秒]大橋侑太(Boy’s水戸)

◇S・フェザー級4回戦(東日本新人王予選)
池上いつ己(八王子中屋)[3-0(40-36×3)]五十嵐友弘(ワールドS)

◇S・バンタム級4回戦(東日本新人王予選)
中林稜太郎(ワタナベ)[引き分け1-0(39-37、38-38×2)]川本響生(吉祥寺鉄拳8)
※優勢点により中林が次戦進出

◇S・バンタム級4回戦(東日本新人王予選)
二葉恒輝(松本ACE)[引き分け1-1(39-37、38-38、37-39)]上野永吉(ワタナベ)
※優勢点により二葉が次戦進出

中野はデビュー戦にTKO勝ち

◇女子フライ級4回戦
中野真由美(中野サイトウ)[TKO4回1分12秒]長崎未久(北澤)

◇58.0キロ4回戦
小泉智之(川崎新田)[引き分け1-0(39-37、38-38×2)]峯岸洋介(八王子中屋)

◇女子フライ級4回戦
安井千晶(中野サイトウ)[3-0(39-37×2、40-36)]沼倉真子(石神井S)

Related article
関連記事