2018年4月3日火曜日

サンタクルスvsマレス 3年越しのリマッチ締結

 ロサンゼルスのメキシコ系代表選手、WBA世界フェザー級“スーパー”王者レオ・サンタクルスと同級“レギュラー”王者アブネル・マレスが再度対決することになった。2日(日本時間3日)主催のPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)がメディアに通達した。試合は6月9日、初戦と同じロサンゼルスのステープル・センターで挙行される。

 両者は15年8月対戦し、サンタクルスが2-0判定勝ち。2人の放ったパンチの合計が2000発を超える激戦だった。これまで再戦の話が何度か持ち上がったが、マレスがベルトを手にし同団体内の“統一戦”というかたちでリングに立つことになった。

 その後もPBCのイベントに出場するサンタクルスに対し、マレスは元GBPの重役リチャード・シェーファー氏が立ち上げたリングスター・スポーツに加入。共同プロモーターのシェーファー氏は「これはロサンゼルスのベストを決める戦い。1人のうち1人が王者としてステープルズ・センターから帰宅できる。メモリアル・ファイトが待っているだろう」とアピールする。