July
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 関大単独首位に立つ 関西学生リーグ戦

関大単独首位に立つ 関西学生リーグ戦

2013年5月27日 15時33分

 第67回関西学生リーグ戦第3週は26日、大阪・関西大学千里山キャンパスボクシング場で2&3部トーナメントに引き続き1部リーグ戦3試合が行われた。注目の全勝対決は関西大学が大阪商業大学に7-2と圧勝し、単独首位に立つとともに2年ぶりのリーグ優勝に向け大きく前進した。

 
関大の寺地(左)が大商大の京口を退ける

 この日のベストはL・フライ級で、関大の主将・寺地拳四朗が昨年のリーグ戦階級賞受賞の京口絋人と接戦を展開。キャリアで勝る寺地が要所で的確なブローを決め、結果は5-0と点差が開いてのポイント勝ちとなった。

 
関大の大口(右)は大商大・福森に競り勝つ

 一方この日一番の激闘はウェルター級。昨年度日本ランク8位の福森翔太(大商大)と同ミドル級6位の大口敦史(関大)が熱戦を繰り広げた。最終回には交互にカウントを聞くなど、両陣営の応援も最高潮。前半は福森やや優勢とみられたが、終盤の追い上げが功を奏して大口の3-2ポイント勝ちとなった。関大はL・ウェルターの正木脩也(国体王者)も勝ち、重量級の3試合で大商大に1勝も与えなかった。

 国立大学としてリーグ戦史上初めて1部に昇格した大阪大学はやはり苦しく、この日も前年優勝の龍谷大学に0-9と1勝もできずに敗退した(チーム対抗は2戦全敗)。それでも不戦敗はなく9試合すべてに選手を出場させているのは立派。龍大は1勝1敗。この日のもう1試合は、同志社大が関西学院大に7-2で勝ち、2勝目(1敗)を上げている。

Related article
関連記事