July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 村田、日本ミドル級1位にランク

村田、日本ミドル級1位にランク

2013年8月28日 10時25分

 JBC(日本ボクシングコミッション)は27日、都内で日本ランキング委員会を開き、最新8月度ランキングを作成した。

村田諒太

 大きなニュースとなったのは、25日にプロ・デビューしたばかりのロンドン五輪金メダリスト・村田諒太(三迫)。試合は6回戦ながら、A級ライセンスを持つ村田が現役の東洋太平洋チャンピオン柴田明雄(ワタナベ)に圧勝したことで、いきなりミドル級の1位にランクされた。


 また同日座間の日本L・フライ級王座戦で判定勝ちした井上尚弥(大橋)は同級の新チャンピオンに。井上に敗れ初防衛に失敗した田口良一(ワタナベ)は世界ランキングが残っているため、今月の日本ランキングには載っていない。ほかS・フライ級帝里木下(千里馬神戸)、S・バンタム級大竹秀典(金子)、S・フェザー級金子大樹(横浜光)、S・ライト級小原佳太(三迫)らのチャンピオンが防衛に成功。S・ウェルター級湯場忠志(都城レオS)、ミドル級中川大資(帝拳)が新たに王座に就いた。


 ほかにランキング入りしたのはフライ級清水裕司(松田)、S・フライ級森川真一郎(VADY)、石川貴章(角海老宝石)、フェザー級片桐秋彦(川崎新田)、ウェルター級大川泰弘(ワタナベ)ら。

Related article
関連記事