June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > メイウェザー公開練習「拳が完全ならKO狙う」

メイウェザー公開練習「拳が完全ならKO狙う」

2013年8月30日 11時54分

 5階級制覇のスーパースター、フロイド“マネー”メイウェザーが28日(日本時間29日)ラスベガスの「メイウェザー・ボクシング・クラブ」でメディアに練習を公開した。

KO勝利への意欲を語るメイウェザー

 すでに予備計量でも判明したように、ウェイトが、この試合の契約体重152ポンドを下回る150~149ポンドだというメイウェザーは、詰め掛けたメディアを前に入念なミット打ち、ヘビーサンドバッグ打ち、スピードボール打ち、ロープスキップ、腹筋、ストレッチとメニューを消化。時間無制限のインタビュー、ファンとの写真撮影に応じるなどサービス精神も発揮し、メディアデーを終えた。

 インタビューで話題がカネロの若さとパワー、サイズに及ぶと「これはウェイトの問題ではない。スキルの勝負だ。スキルが札束をもたらす。試合が待ち切れない。ヤングガイ(カネロ)を相手に、どれだけ私のスキルが競争力があるか試したい。私はまだまだハングリーだ」とコメント。

 そして「今回のトレーニングは2005年以来、ベストの一つ。前回のロバート・ゲレロ戦でもノックアウトをねらったけど、拳を痛めて実現しなかった。だから私自身でも出来は不満だった。今回、拳を痛めることがなければ、KO勝ちを目指して戦う」と宣言。もしノックアウトできれば、物議をかもした11年9月のビクター・オルティス戦以来2年ぶりとなる。Photos/SHOWTIME

Related article
関連記事