February
25
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > あすフューリー復帰戦、WBO・S・ライト級決定戦も

あすフューリー復帰戦、WBO・S・ライト級決定戦も

2018年6月9日 8時41分

 あす9日(日本時間10日)英マンチェスター・アリーナでゴングとなるイベントの前日計量が現地で行われ、メインのヘビー級10回戦は、元統一王者タイソン・フューリー(英)が276ポンド(125.19キロ)、対戦相手のセフェル・セフェリ(マケドニア=スイス)が211ポンド(95.70キロ)をマークした。

 薬物問題でライセンスをはく奪されるなど長期戦線離脱していたフューリー(25勝18KO無敗)は15年11月、ウラジミール・クリチコ(ウウライナ)を番狂わせで下して以来、2年7ヵぶりのリングとなる。

 3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英)とWBC王者デオンタイ・ワイルダー(米)の4団体統一戦がクローズアップされる中、フューリーが再び主役の一人になれるかどうか注目の一戦だ。クルーザー級出身のセフェリ(23勝21KO1敗)は30キロ差の戦いに挑む。

 WBO世界S・ライト級王座決定戦は、2階級制覇を目指す前WBOライト級王者のテリー・フラナガン(英=33勝13KO無敗)が139.3ポンド(63.18キロ)、マウリセ・フッカー(米=23勝16KO3分)が139.25ポンド(63.16キロ)をマークした。決定戦はテレンス・クロフォード(英)の王座返上によるもの。

Related article
関連記事