2018年9月26日水曜日

元王者マルティネスが復帰 11.17チャベスJrと再戦

 元2階級制覇王者セルヒオ“マラビーリャ”マルティネス(アルゼンチン)が再起を決意。かつてグローブを交えたフリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)と対戦する運びとなった。試合は11月17日、米テキサス州(会場は未定)でS・ミドル級契約で行われる。マルティネス陣営がメディアに伝えた。

 マルティネス(43)は14年6月、ミゲール・コット(プエルトリコ)に数度ダウンを奪われストップ負け。WBCミドル級王座を失い現役引退を発表した。ヒザの負傷が完治しないままリングに上がったことも取りざたされた。

 その後有望選手の代理人などを務めていたが、4年ぶりの復帰に踏み切った。理由は経済的なものだと噂される。

 チャベス(32)は12年9月、WBCミドル級王者時代、同名誉王者にシフトされたマルティネスとラスベガスで防衛戦。終盤まで劣勢だったが、最終回ダウンを奪い、アリーナを熱狂させた。

 しかし判定は大差でマルティネスの勝利。同時に試合後マリファナ服用の反応が検出され処分を受けた。最後にリングに登場したのは昨年5月、現ミドル級2冠王者サウル“カネロ”アルバレスにワンサイドの判定負けだった。

 試合は米国へ進出するDAZNがストリーミング配信する予定になっている。


-->