0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年9月12日木曜日

村田が始動 プロ第2戦は12月に外国人選手と

 ロンドン五輪金メダリストで8月25日にデビューを飾った村田諒太(三迫)が11日、本格的な練習を再開し、練習先の帝拳ジムで記者会見を開いた。

葛西トレーナーとミット打ちに励む村田

 デビュー戦でいきなり東洋太平洋ミドル級王者の柴田明雄(ワタナベ)を2回TKOで一蹴する衝撃のデビューを果たした村田。オフの間は家族サービスでリフレッシュしたそうだが「感覚が残っているうちに、ここを直そうというところは軽く練習をしておいた」と、次戦に向けて既にスタートを切っていることを明かした。

 会見に同席した帝拳ジムの浜田剛史代表によると、プロ第2戦は12月になる見込みで、外国人選手との対戦を予定しているという。どのクラスの選手が選ばれるかは未定だが、村田は「僕が成長できる相手を選んでくれると思うので、期待に応えられるようにがんばりたい」と抱負を述べた。

 村田は18日から25日まで、世界王者の山中慎介、三浦隆司(ともに帝拳)らとともに千葉・成田で走り込みのキャンプを行う。その後は長期にわたりメリカでトレーニングをする予定だ。