日本語

Home > ニュース > 11.12亀田和毅の暫定世界戦 AbemaTVで生中継

WOWOWO井上

WOWOWO井上
ニュース

2018年10月17日 水曜日

11.12亀田和毅の暫定世界戦 AbemaTVで生中継

 インターネットテレビ局のAbemaTVは17日、11月12日に後楽園ホールで行われるWBC世界S・バンタム級暫定王座決定戦、同級2位の亀田和毅(協栄)と1位アビゲイル・メディナ(スペイン)の試合を生中継すると発表した。

左から亀田京之介、興毅、暫定世界戦の和毅

 亀田家は長男の興毅が17年5月「亀田興毅に勝ったら1000万円」という企画でAbemaTVに初登場。今年1月には復帰宣言して現役時代に敗れている元世界王者ポンサクレック・ウォンジョンカムとエキシビションを行い、和毅の試合も合わせて同局で放送された。

 17日都内で記者会見したプロデューサー役の興毅は「1000万円の企画のときは、自分がランダエダとやったときくらい反響があった。テレビの時代も変わってきている。世界戦がAbemaTVで放送されるのは初めて。どうなるか分からないけど、新時代の第一歩だと思っている」と語った。

 正規王者レイ・バルガス(メキシコ)のけがによる暫定王座決定戦に出場する和毅は「ネットの時代になって、Abema初の世界戦がオレの試合でうれしい。いい試合をしてみんなに喜んでもらいたい」と意気込みを口にした。

 イベントは“亀田家大復活の日”とのタイトルで、亀田3兄弟の従弟“浪速の狂拳”亀田京之介(協栄=1勝1KO1敗)も登場。ツイッター上で噛みついてきたという“西三河の蜥蜴”溝越斗夢(緑=2勝2KO1分)とフェザー級4回戦を行う。

 なお放送は午後5時から。第1試合は6時からで興行は全8試合。京之介の試合が第6試合でセミとなる第7試合に日本ランカー対決が入る予定。


Related

関連記事